WEDDING GUIDE 婚礼ガイド

会場決定後/司会&演出

BGMを決めましょう

BGMの目的は、披露宴の各シーンを二人らしく盛り上げ、ゲストに
喜んでもらうことです。

使用する曲を選ぶ

最初に必ず使いたい曲ふたりで相談します。
全てのBGMを決めるのではなく、 こだわりたいシーンには
「ふたりが選んだ曲」を、こだわりの少ないシーンは「会場に任せる」
でも良いでしょう。
BGM全体にテーマを設定すると決めやすくなります。
ゲストの顔ぶれやBGM全体のバランスも確認します。
何曲か続けて流すシーンの場合は洋楽と邦楽を混ぜると
統一感がなくなるので注意しましょう。
曲数や時間が足りているかもチェックポイントです。
特にテーブルを回るシーンでは、途中で曲が不足しないように多めに用意しておくのがオススメです。BGMが決まったらリストに書き込みます。

披露宴BGMの選び方


■ 迎 賓
 大切なゲストを会場に招き入れるシーン。アットホームな雰囲気の披露宴にするのかおしゃれな雰囲気を演出するのかで選曲はグッと変わります。
 どんな雰囲気の披露宴、パーティーにしたいかをしっかり考えてテーマにあったBGMを用意することがおすすめです。


■ 新郎新婦入場
 結婚披露宴のオープニング。メインシーンとなる新郎新婦の入場はBGM選びの中でも一番といっていいほど悩むシーンです。
 披露宴の始まりはおふたりのテーマにあわせて曲を決めたり、スケール感のある曲がおススメです。
 ゲストの心をぐっとつかんでこれから始まる披露宴を心ゆくまで楽しんでもらいましょう。  サビのタイミングや歩きやすいテンポも大事。


■ ケーキ入刀・乾杯
 盛り上がる曲でメリハリをつけて。「乾杯」は発声直後にかかるので宴開始を明るく華やかに印象づける曲を。イントロで盛り上がる曲か、
 サビを流しましょう。「ケーキ入刀」は披露宴最初の見せ場です。入刀の瞬間からサビがきて、写真撮影まで盛り上がりが続く曲がお勧めです。


■ 食事中
 会話のジャマにならず、おだやかで明るくビートのきつくない曲を。音量も控えめにしましょう。


■ お色直し退場
 場もなごんだ頃なのでBGMにも遊び心を発揮してもいいでしょう。好きな曲でふたりらしさが感じられる曲を!


■ 中座中
 不在の時こそオシャレな曲でゲストをいい気持ちにさせて!幅広い年代に喜ばれるスローで和めるアルバムや曲を流し続ける二人が多いです。


■ お色直し入場
 ふたりの想いを歌詞に託せる曲が人気です。最初の入場とはガラリと雰囲気を変え、さらなる盛り上りを演出しましょう。
 インパクトのある曲でゲストの視線が集中。その後はテーブルを回っている時はしっとり、最後に盛り上がる曲が理想です。
 歌詞もゲストにはよく聞こえるので内容にも注意しましょう。


■ テーブルラウンド
 選曲が雰囲気を左右させます。ドラマチックに盛り上げましょう。


■ 手紙・花束贈呈
 感動シーンは心にひびくメロディーで。曲は花束贈呈の瞬間にサビにうまくあたるととても盛り上がります。
 サビが感動的な曲を選ぶと会場が感動で包まれます。ほのぼのとした明るい感じの曲もおすすめです。


■ 退場
 ハッピーエンドは明るく爽やかな曲で門出を祝福! 披露宴後もゲストの心に残るので、はなやかで明るい曲や壮大な雰囲気の曲もおすすめです。  

【 BGMおススメ曲 】

【婚礼ガイドトップに戻る】
PAGE TOP